まみみのたんぶら
アスカの乳輪のベース色指定は(244,187,183)とのことですが、平成26年初場所版大相撲力士乳輪カラーチャート(十両以上、右乳輪より採取)を参照した結果、アスカの乳輪にいちばん近い乳輪の力士は十両・朝赤龍太郎関(231,186,167)という結果になりました、ご確認ください
Twitter (via toronei)
■マイクロソフト「word」や[excel]で入力する場合

【アクサン・テギュ】

é Ctrl+Shift+7 を打った後にe

É Ctrl+Shift+7を打った後にShift+e



【アクサン・グラーヴ】

à Ctrl+Shift+@ を打った後にa

À Ctrl+Shift+@ を打った後にShift+a

è Ctrl+Shift+@ を打った後にe

È Ctrl+Shift+@ を打った後にShift+e

ù Ctrl+Shift+@ を打った後にu

Ù Ctrl+Shift+@ を打った後にShift+u



【アクサン・シルコンフレクス】

â Ctrl+^ を打った後にa

 Ctrl+^ を打った後にShift+a

ê Ctrl+^ を打った後にe

Ê Ctrl+^ を打った後にShift+e

î Ctrl+^ を打った後にi

Î Ctrl+^ を打った後にShift+i

ô Ctrl+^ を打った後にo

Ô Ctrl+^ を打った後にShift+o

û Ctrl+^ を打った後にu

Û Ctrl+^ を打った後にShift+u



【トレマ】

ë Ctrl+: を打った後にe

Ë Ctrl+: を打った後にShift+e

ï Ctrl+: を打った後にi

Ï Ctrl+: を打った後にShift+i

ü Ctrl+: を打った後にu

Ü Ctrl+: を打った後にShift+u



【セディーユ】

ç Ctrl+, を打った後にc

Ç Ctrl+, を打った後にShift+c



【AとEの合字】

æ Ctrl+Shift+6を打った後にa

Æ Ctrl+Shift+6を打った後にShift+a



【OとEの合字】

œ Ctrl+Shift+6 を打った後にo(オー)

Œ Ctrl+Shift+6 を打った後にShift+o(オー)
「日本はすごい」
 誇らしさを味わう手段を忘れた人に、この言葉はとかく甘美に響くようだ。
 第一次世界大戦後、戦勝国のエリートたちはドイツに懲罰的な賠償を求めた。手足をもぎ取っておきながら働けと命じるような残酷な措置を、嬉々として選んだ。これに対して、経済学者J.M.ケインズは『平和の経済的帰結』で警告を発した[1]。窮乏して、追い詰められたドイツ人たちは、民族主義的に「発狂」して新たな戦争の火種を作るだろう、と──。本書により、ケインズは世界中のマスメディアと“良識的”な識者から袋叩きにされた。

 しかし現実は、ケインズの予言通りになった。
 ドイツ人たちはナチス党を熱烈に支持し、いわば「発狂」した。

 ひるがえって現在の日本はどうだろう。2014年4月に消費税が増税され、家計の消費は一気に冷え込んだ[2][3][4]。サラリーマンの年収を見れば、90年代末ごろをピークに下がり続け、リーマンショック以前の水準には回復していない[5][6][7]。しかし仕事の量は減らず、労働時間はピークの1980年代から2000年代であまり変化しなかった[8]。
 仕事の量が変わらないのに賃金が減り、税金は増えた。消費できるものが減った。
 つまり日本人は貧しくなっているのだ。
 したがって、今の日本では「豊かさ」を感じにくい人が増えていると推測できる。誇らしさや充足感を、日常のなかで得にくくなっているはずだ。
 たとえばそれは、ビールを発泡酒に変える惨めさかもしれない。ケータイの買い換えを半年先延ばしにする惨めさかもしれない。そういう小さな惨めさが積み重なった先に、おそらく「発狂」が待っている。どんなバカげたものでもいいから、ニセの誇らしさを与えてくれるものにすがるようになる。
 この広い世界には、日本人の発狂を心待ちにしている人もいるのだろうか。
人は豊かでないと、誰かに敵意を持つようになる。
 それは金銭的な貧しさかもしれないし、人間関係の貧しさかもしれない。趣味や知識の貧しさかもしれない。原因はどうあれ、「豊かだ」と充足した気持ちになれなければ、人はかんたんに他人を害意を抱く。
 当たり前だ。
 豊かでない人は、それ以上自分を追い詰めることができないからだ。
 何か嫌なことがあったときに「自分のせいだ」と思うことができない。今の自分をどん底だと感じている人は、それ以上自分を責められないのだ。
 だから「あいつらのせいだ」と考えるようになる。
 余裕のない人ほど自分に甘く、他人に厳しくなってしまう。

 じつをいえば、先述のおっさんの言い分にも一理あるのだ。たしかに店のおばちゃんは無愛想だった。というか、私のわずかな訪中経験から言えば、中国の人はあまり愛想笑いをしない。日本人の目から見ると無礼に感じるほどムスッとした顔をしつつ、接客はきちんとこなす。北京の料理店では、たいていそうだった。
一見すると無愛想に思えても、注意深く観察すればきちんと客のことを考えているのが分かる。無駄に愛想をふり撒く文化がないだけなのだろうと想像できる。他愛もない文化の差だ。
 しかし余裕を失うと、そういうわずかな差が許せなくなってしまう。無愛想な店員には「笑顔で接客しろ」と言えば充分なのに、「国に帰れ」とまで言ってしまう。観察眼も想像力も失って、拒絶しかできなくなる。
 窮すれば鈍するのだ。

 なぜ私が人類社会に娯楽や芸術が必要だと思うかといえば、それらが「豊かさ」を感じる手段だからだ。どれほど金銭的に貧しい生活を強いられている人でも、一篇の歌が充足感をもたらしてくれることがある。そして客観的にどれほど豊かになっても、主観的に貧しければ無意味だ。
 豊かさは、ただそこにあるだけでは感じることができない。何らかの手段を通じなければ、人は豊かさを自覚できない。誇らしさや、自信、勇気、充足感を得られない。そして「何らかの手段」とは、つまり娯楽である。音楽やスポーツ、芸術、ゲームやSNSである。

「日本はすごい」
 誇らしさを味わう手段を忘れた人に、この言葉はとかく甘美に響くようだ。
60: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:31:25.89 ID:n1OkNJv+.net
キティちゃんの誕生日は11月1日。「犬の日」である。
「日本盤の値段が高くなる理由」がライナーノーツだと思っている人、少なくないようですね。残念です。この場で詳しく説明することは出来ませんが、実際には「あらかじめ少々割高にせざるを得ない事情があるから、せめてもの付加価値として付けられているもの」というのに実は近いはずなんです。
※学校における歴史教育のナゾの一つに、「幕府によるキリスト教禁教」がある。 例えば幕府軍1,900名、キリシタン側27,000名という日本最大の宗教戦争「島原の乱」は、常に幕府対キリシタン的視点から解説される傾向があるが、この当時のプロテスタント国家オランダはすでに明確に幕府支援を打ち出しており、この戦いは幕府による「キリスト教弾圧」の側面を強調し過ぎ、本質的な部分でカトリック対プロテスタントの代理戦争的な性格が強かったという歴史的事実をほとんど教えていない。これも不思議である。

“TRONマニア”藤井講師のブログ

ザビエルはカトリック。

(via tnoma) (via handtomouse) (via onhook) (via nemoi)

ちなみにパーマリンクはこれ
日本文化の伝承は奇跡的な産物|“TRONマニア”藤井講師のブログ
http://ameblo.jp/tronmania/entry-10426595488.html

(via bardiche-side-b) (via songi) (via ssbt) (via otsune) (via ipodstyle, tnoma) (via quote-over100notes-jp) (via yukiminagawa)

(via netinago99) (via sqiz) (via darylfranz) (via k4me3) (via hisame) (via ninamo44) (via infinity-d) (via reservoir) (via bivanilla) (via itokonnyaku) (via ygotoh) (via micryu) (via mr-moai) (via edieelee) (via yuasa)

(via dotnuke) (via junmyk) (via tuttun) (via aki373) (via spindrift64) (via bochinohito) (via kouyoujisi) (via mc2-e)

(via xlheads) (via udongerge)

「日本には、自然科学振興にとても熱心な自動車会社があってうらやましい。」

日本で「すばる」というと第一義的にプレアデス星団のことを指すが、海外で「SUBARU」というと一般には富士重工のブランドを意味する。”SUBARU Telescope”と聞いて、プレアデス星団を思い浮かべる外国人はかなり特殊な部類だ。実際、富士重工のところにすばる望遠鏡に関する郵便物がそれなりの頻度で舞い込むそうだ。

基礎研究に何百億と寄付を行う社会貢献に熱心な恐るべき日本企業、誤解ではあるが、一部で凄いイメージが流布している。図らずも、ゼロコストのCSRアピールだ。

この話をはじめて聞いたとき、望遠鏡の命名権の売却もしくは、民間企業による次世代望遠鏡の可能性をすこしだけ空想した。文科省に頼ってばかりでは未来が切り開けないこの時代、外部獲得資金が重要とはよく言われる。資産家や財団の寄付事業の形として「望遠鏡」という選択肢はあるだろうか。

例えば「ハワイのニコン望遠鏡、宇宙でもっとも遠い銀河の記録を更新」といったニュースが流れ、あるいは子供達が科学雑誌や本で○○○望遠鏡の成果を読んで育つことに、税金対策だけでなく企業の技術力や社会的貢献をアピールできる投資対象として、他にはない価値を見いだしていただける企業はあるだろうか。とくにカメラや電子機械系の企業には期待している。

4gifs:

They see me rollin. [video]

4gifs:

They see me rollin. [video]